Olympic State of Mindとは?

ジョーダン・バローズ、PVシンドゥらのエリートアスリートが、成功のため、ベストの人生を送るためには何が必要かを、ブリヂストンOlympic Channelの新アトラクションを通して紹介。

レスリング世界選手権を4回制したジョーダン・バローズが強さを維持している秘けつとは何だろうか?

また、バドミントンスターのPVシンドゥは、インドのトップアスリートとしてプレッシャーにどう対処しているのだろうか?

アリアーン・ティトマスはケイティ・レデッキーを破るためにいかに備え、2019世界水泳選手権で波乱を起こしたのか?

3人を含む多くのエリートアスリートが使っているメンタルテックニックを、ブリヂストンOlympic Channelの新シリーズOlympic State of Mindを通して紹介する。

バーゼル(スイス)開催2019 BWF世界選手権決勝で奥原希望を破って喜ぶPVシンドゥ
バーゼル(スイス)開催2019 BWF世界選手権決勝で奥原希望を破って喜ぶPVシンドゥバーゼル(スイス)開催2019 BWF世界選手権決勝で奥原希望を破って喜ぶPVシンドゥ

Olympic State of Mindとは?

Olympic State of Mindは医療専門家やスターアスリートが登場する動画、記事、クイズ、ゲーム、インタビューを含む、インタラクティブなアトラクション。

Olympic State of Mindの目的は、オリンピアンが用いる以下3つの主要スポーツ心理テクニックを活用して、視聴者に日常における自己改善を実現してもらうことにある。

  • Mindfulness(マインドフルネス)
  • Visualisation(ビジュアライゼーション)
  • Motivation(モチベーション)

以下のブリヂストンアンバサダーをはじめ、さまざまな競技の一流アスリートが出演する:アリアーン・ティトマス、ジョーダン・バローズPVシンドゥ上田藍トーマス・レーラー萩野公介アリソン・フェリックス

リプレイ:フェリックスがロンドン女子200mで悲願の金メダル

リプレイ:フェリックスがロンドン女子200mで悲願の金メダル

Mindfulness

マインドフルネスとは、周囲の環境や現在行っていることに神経を研ぎ澄まし、今に集中する能力をいう。過去の出来事や未来のことに気をとられない能力だ。

マインドフルネスのメリットとして実感できることには、目先の仕事への集中力アップが挙げられる。さらには、感情をコントロールする力を高めることで、ストレスのかかる状況への対処を改善 できる。

「世界のトップアスリートや、卓越した仕事をしている人たちは、自分の感情をコントロールできていると思う」- ロンドン2012レスリング金メダリストのジョーダン・バローズ

「感情をコントロールするとは、感情を完全に排除するということではない。感情を意識し、認識しつつ、それがパフォーマンスに影響を及ぼさないようにすることだ」

Visualisation

ビジュアライゼーションとは単純に、実現したいことを思い描くことだ。

例えば走幅跳選手なら、自己ベストを更新する自分をイメージしてから、実際に更新する。

これは競技前の不安やストレスの軽減に使われることもある。また、脳に成功をたたき込み、仕事に完全に集中した状態を作り出すためにも使われる。

この原理はスポーツにとどまらず、スピーチや商談の前にも活用可能だ。

「理想を思い描くだけでビジネスを大きくすることができる」- リオ2016やり投金メダリストのトーマス・レーラー

ドイツ代表レーラーがやり投げで1972年以来初の金を獲得

ドイツ代表レーラーがやり投げで1972年以来初の金を獲得

Motivation

モチベーションとは、何かを行う理由である。

モチベーションが重要なのは成功への原動力であり、仕事への献身性を維持するものだからだ。モチベーションが無ければ、ベストパフォーマンスは発揮し難い。

「モチベーションの源が3つある」とトライアスリートの上田藍はOlympic Channelに語る。

「1つ目は達成したい夢を持つこと。2つ目は常にポジティブな姿勢を保ち、笑顔を浮かべること。3つ目は限界を設けないこと。自分で自分に限界を作ってはいけない」- トライアスロン選手の上田藍

とはいえ、モチベーションを探し出すことで、自分で自分に余計なプレッシャーをかけ、それに圧倒されてしまう場合もある。

例えば、テニス選手は家族のために大きな家を買うことを勝利のモチベーションにするかもしれない。しかし、その選手が成功しなかったとすれば、その買いたいという欲求がテニスへの集中力を削ぎ、パフォーマンスに悪影響が出たのかもしれない。

上田藍はアジア選手権を2度制し、2014アジア競技大会で金メダルを手にした
上田藍はアジア選手権を2度制し、2014アジア競技大会で金メダルを手にした上田藍はアジア選手権を2度制し、2014アジア競技大会で金メダルを手にした

オリンピックマインドを育てるには

Olympic Channelマイクロサイトにて、インタラクティブアトラクションを2019年12月30日から提供開始。

動画や記事、クイズ、ゲームを見て、読んで、楽しもう。Olympic Channel Podcastのスペシャルエピソードも。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!