「READY STEADY TOKYO - 空手」9月に日本武道館で開催

東京五輪の新種目、空手
東京五輪の新種目、空手東京五輪の新種目、空手

TOKYO2020(東京五輪)組織委員会は8月27日、テストイベント「READY STEADY TOKYO - 空手」の開催概要を明らかにした。

開催日は9月9日で、会場は日本武道館となり、空手の個人形(かた)・男女混合の3位決定戦、決勝そして表彰式が行われる予定だ。今大会は運用テストとして開催されるため、関係者以外は入れず、無観客試合となる。

「READY STEADY TOKYO」は、オリンピック・パラリンピックの本大会の成功に向けて競技運営及び大会運営の能力を高めるために実施されるテストイベントの総称。各競技団体、東京五輪組織委員会などが主催する。

2018年から順次開催されている「READY STEADY TOKYO」は、これまでトライアスロンやバドミントンなど計17種目が行われてきた。競技によっては一般公開したケースもある。

なお、東京五輪の空手は形に加えて、実戦式の組手が実施される(ともに男女)。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!