ローザンヌ2020ショートトラック競技詳細

1月のユースオリンピック競技大会を前に知っておくべきショートトラック情報

ショートトラックはファンタスティックかつスリリングな競技。

スタートが肝心で、トラックが小さいだけにコーナリングが勝敗を左右する。

最初にフィニッシュラインを切れば勝ちだが、500メートルまたは1000メートルの間にはさまざまなドラマが起きる。

ローザンヌ2020では、男子および女子の500mと1000mが行われる。

加えてNOC混合リレーも。1月にOlympic Channelでライブ配信する各種目の詳細は、下で確認できる。

ユースオリンピックのショートトラックを観戦する方法

Olympic Channelは延べ13日間、計300時間にわたり、ローザンヌ2020ユースオリンピックの熱戦をストリーミング配信する。olympicchannel.comYouTubeの冬季ユースオリンピック専門チャンネルを始め、Amazon FireApple TVAndroid TVRokuなどのデバイスでも視聴できる。

その他にもニュースやハイライト、注目の話題、インタラクティブなインタビューなどを毎日お届けするライブショーも、FacebookTwitterolympicchannel.comで配信。さらにオリンピックと縁の深いアスリートなどにインタビューしたOlympic Channelポッドキャスト も毎日お届けする。

今大会についての情報はOlympic ChannelのFacebookTwitterInstagramYouTubeでも発信。ストリーミング配信の詳細を含む大会の競技日程はこちらで確認できる

ショートトラックの競技会場と日程

ローザンヌ2020のショートトラックは1月18日~22日にマーレイ・アイスリンクで行われる(日程の詳細は末尾に記載)

競技詳細

60x30mのアイスリンク上の1周111.12mの楕円形トラックで行われ、500mなら5周弱の決戦となる。

ターンは9回、1分以内に決着がつくため、スタートで好位置を確保することがカギとなる。

スタート時、各選手はスプリンターとなり、第1コーナーへ向かうまでの3秒に満たない間の7歩前後が重要になる。

時速50kmで走りながら間隔は数センチとあって、選手同士の衝突が頻繁に発生する。

そのため、位置取りについて厳格なルールがあり、それに違反すれば失格となる。

ショートトラックスピードスケートでは衝突や転倒が多発
ショートトラックスピードスケートでは衝突や転倒が多発ショートトラックスピードスケートでは衝突や転倒が多発

失格になる場合とは?

ポジション争いは、各種反則につながりかねない。他の競技者を故意にブロックしたり、押したり、転ばせたりすれば、失格になり得る。

選手は指定トラックの外側を走ってはならず、フィニッシュラインに向かう際はコースを変えてはならない。最終コーナーを回ってからは真っ直ぐに滑走しなければならず、他の競技者をブロックしにいってはならない。

そのため、インサイドを取ることがカギとなる。抜く場合は、基本的に外側から抜かなければならない。

主審と副審が、ルール違反があったかどうかを判定する。

スタートのやり直しを命じられる場合もあり、審判はフライングにも注目している。フライング2回で失格となる。

500mと1000mの進め方は?

予選を通過した男子と女子の500mおよび1000mの選手は、4人ずつで4回行われる準々決勝へ進出。

1位と2位の選手は準決勝AおよびBへ。3位と4位の選手は準決勝CおよびDへ進む。

そして準決勝AおよびBの1位と2位の選手はメダルを懸けた決勝Aへ進む。

その前に、準決勝AおよびBの3位と4位の選手が決勝B、準決勝CおよびDの1位と2位の選手が決勝C、3位と4位の選手が決勝Dで戦う。

NOC混合リレーとは?

国籍の違う各4選手で構成される8チームが、NOC混合リレーで競い合う。

3000mのリレーでは女子、男子、女子、男子の順に滑走。

準決勝で始まり、各組1位と2位のチームが決勝Aで金を争う。

3位と4位は決勝Bで戦う。

ローザンヌ2020ショートトラックスピードスケート競技日程

1月18日(日)

11:00 - 14:30 - 女子/男子1000m

1月20日(月)

13:00 - 16:00 - 女子/男子500m

1月22日(水)

10:00 - 11:15 - NOC混合リレー

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!