ローザンヌ2020スキージャンプ:必須情報

1月のユースオリンピックでは個人戦に加え、2つの混合団体戦を実施。

気の弱い人には向かないスポーツ、それがスキージャンプだ。

時速90kmまで瞬時に加速し、ジャンプ台から空高く舞い上がるこの競技では、わずか1cmの距離にも大きな意味がある。

最も重要なのは正確性。些細なミスがメダルか転倒を分ける。

観客を魅了するこのウィンタースポーツは、ローザンヌ2020 でも個人戦と2つの混合団体戦が実施される。

以下の説明や動画をチェックし、この1月のユースオリンピックで行われるスキージャンプについて知識を深めよう。

ユースオリンピックのスキージャンプを観戦する方法

Olympic Channelは延べ13日間、計300時間にわたり、ローザンヌ2020ユースオリンピックの熱戦をストリーミング配信する。olympicchannel.comYouTubeの冬季ユースオリンピック専門チャンネルを始め、Amazon FireApple TVAndroid TVRokuなどのデバイスでも視聴できる。

その他にもニュースやハイライト、注目の話題、インタラクティブなインタビューなどを毎日お届けするライブショーも、FacebookTwitterolympicchannel.comで配信。さらにオリンピックと縁の深いアスリートなどにインタビューしたOlympic Channelポッドキャスト も毎日お届けする。

今大会についての情報はOlympic ChannelのFacebookTwitterInstagramYouTubeでも発信。ストリーミング配信の詳細を含む大会の競技日程はこちらで確認できる

スキージャンプの競技会場と日程

ローザンヌ2020のスキージャンプは1月19日~22日にレ・テュッフ(フランス)で行われる(日程の詳細は末尾に記載)

個人戦

ノーマルヒルを使用し、トライアルラウンドに続いて第1ラウンドとファイナルラウンドを実施。この2つのラウンドでは得点が記録され、最も多くポイントを獲得した選手が勝者となる。ローザンヌ2020公式サイトにも記載されている通り、以下の4項目にポイントが与えられる:

  • 飛行距離(メートルを飛距離点に換算)
  • 飛行姿勢(審判が飛型点を採点)
  • アプローチの距離(スタートゲートの位置を補正点に換算)
  • 風速および風向き(1秒あたりの風速を補正点に換算)

前大会のリレハンメル2016では、スロベニアのエマ・クリネツボア・パブロブチッチが金メダルを獲得。オリンピックでは1924年に実施競技として採用されて以来、ノルウェーフィンランドが2大勢力となっている。

スキージャンプ&ノルディックスキー・コンバインド団体戦

出場するのは20チーム。トライアルラウンドに続き、第1ラウンドとファイナルラウンドで得点を記録する。

チームはスキージャンプの男子選手と女子選手が1人ずつ、ノルディックスキー・コンバインドの男子選手1人で構成される。

競技はスキージャンプの女子選手からスタートし、続いてスキージャンプの男子選手、最後にノルディックスキー・コンバインドの順になる。

トライアルラウンドは参加が義務付けられていないが、最終ラウンドに進めるのは第1ラウンドの上位8チームのみ。最も多くポイントを獲得したチームが勝者となる。

ノルディック混合団体NH 4x3.3の競技ルールとは?

同じ国と地域の6選手でチームを構成。その内訳はクロスカントリースキースキージャンプノルディックスキー・コンバインドで男女各1人ずつとなる。

ノルディックスキー・コンバインドの選手は、スキージャンプとクロスカントリースキーの両方に出場する。

常にスキージャンプを先に実施。チームの得点をタイム差に換算し、続いて行うクロスカントリースキー4x3.3kmリレーのスタート順を決める。

ローザンヌ2020スキージャンプ競技日程

1月19日(日)

10:30 - 13:00 女子個人

14:00 - 16:00 男子個人

1月20日(月)

10:30 - 13:00 ノルディック混合団体NH 4x3.3

1月22日(水)

10:00 - 11:00 - スキージャンプ&ノルディックスキー・コンバインド団体

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!