ローザンヌ2020スピードスケートは天然リンクで開催

1月のユースオリンピックでは、サン・モリッツの凍結湖がスピードスケートの競技会場に。

ローザンヌ2020でのスピードスケートは、壮大な一大イベントとなるに違いない。

選手たちを迎えるのは、冬季オリンピックを2度開催したアルプスのリゾート地サン・モリッツ

競技会場は屋外、しかも自然の凍結湖なのだ。

この湖では過去にゴルフやクリケット、ポロの試合も行われているが、現在ではスピードスケートの会場として準備が進められている。

この1月に行われるユースオリンピックのスピードスケートに関する情報を以下にまとめた。

ユースオリンピックのスピードスケートを観戦する方法

Olympic Channelは延べ13日間、計300時間にわたり、ローザンヌ2020ユースオリンピックの熱戦をストリーミング配信する。olympicchannel.comYouTubeの冬季ユースオリンピック専門チャンネルを始め、Amazon FireApple TVAndroid TVRokuなどのデバイスでも視聴できる。

その他にもニュースやハイライト、注目の話題、インタラクティブなインタビューなどを毎日お届けするライブショーも、FacebookTwitterolympicchannel.comで配信。さらにオリンピックと縁の深いアスリートなどにインタビューしたOlympic Channelポッドキャスト も毎日お届けする。

今大会についての情報はOlympic ChannelのFacebookTwitterInstagramYouTubeでも発信。ストリーミング配信の詳細を含む大会の競技日程はこちらで確認できる

スピードスケートの競技会場と日程

ローザンヌ2020のスピードスケートは1月12日~16日にサン・モリッツで行われる日程の詳細は末尾に記載

500mと1500m

500mと1500mは男女とも2人1組で競技を実施。インスタートの選手とアウトスタートの選手がバックストレートでコースを入れ替える。

最も早いタイムを記録した選手が勝者となる。

マススタートの競技ルールとは?

男女ともマススタートは4000mで争われ、各選手がリンクを10周する。

5周目の中間順位に基づき、先着3人にそれぞれ5、3、1ポイントが与えられる。

メダルの行方は最終順位で決まり、先着3人にそれぞれ30、20、10ポイントが与えられる。

最終ポイントを獲得できなくても中間ポイントを獲得していれば、大きく遅れを取っても4~6位でフィニッシュできる。

中間、最終どちらのポイントも獲得していない選手は、ゴールラインの通過順に順位を決定。完走できなかった場合は周回数で決まる。

NOC混合団体スプリント

今回のユースオリンピックでは、国境を超えた連帯も重要なテーマの一つ。スピードスケートも例外ではない。

NOC混合団体スプリントでは、異なる国と地域の4選手が1組となって14チームを構成。

各選手が1周400mを滑り、1レースにつき2チームで争う。

競技に使用するレーンは1本。最も早い合計タイムを記録したチームが勝者となる。

ローザンヌ2020スピードスケート競技日程

1月12日(日)

11:00 - 14:00 - 女子/男子500m

1月13日(月)

11:00 - 14:00 - 女子/男子1500m

1月15日(水)

11:00 - 12:00 - NOC混合団体スプリント

1月16日(木)

11:00 - 12:00 - 女子/男子マススタート

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!