【Tリーグ】2019-20シーズンが開幕:開幕戦は張本の東京が吉村の岡山に勝利

この日2勝を挙げた木下マイスター東京の水谷隼(写真は昨シーズンの琉球アスティーダ戦)
この日2勝を挙げた木下マイスター東京の水谷隼(写真は昨シーズンの琉球アスティーダ戦)この日2勝を挙げた木下マイスター東京の水谷隼(写真は昨シーズンの琉球アスティーダ戦)

8月29日、2018年に発足した卓球「Tリーグ」の2019-20シーズンが開幕した。初日、東京・アリーナ立川立飛で行われた開幕戦は、張本智和や水谷隼らの木下マイスター東京(以下東京)と、吉村和弘や森薗政崇らの岡山リベッツ(以下岡山)が対戦。延長戦の末、東京が勝利した。

東京は、張本・丹羽孝希ペアが出場した第1試合のダブルスで岡山の上田仁・森薗ペアに1 – 2(11 – 5、9 – 11、7 – 11)で敗れるも、第2試合のシングルスでは水谷が3 – 0(11 – 3、11 – 6、11 – 8)で吉村にストレート勝ち。

続く第3試合では、今年の「全中国選手権」で優勝を果たした39歳の侯英超(ホウエイチョウ)が町飛鳥を3 – 1(6 – 11、11 – 7、11 – 8、11 – 7)で下し2勝目を上げたが、第4試合で張本が森薗に2 – 3(9 – 11、11 – 7、8 – 11、11 – 4、9 – 11)と惜敗したため、延長戦の「ヴィクトリーマッチ」にもつれ込んだ。

ヴィクトリーマッチは水谷と上田の1ゲームマッチ。1 – 0(11 – 6)で水谷が白星をあげ、マッチカウント3 – 2で東京の勝利が決した。

男女ともに4チームずつで構成されるTリーグ。レギュラーシーズンは男女それぞれが他3チームとの7回総当り戦を行い、上位2チームがファイナルに進出する。初年度の2018-19シーズンは、男子が東京、女子が平野美宇らの所属する日本生命レッドウルフが優勝した。

翌30日には、女子の日本生命と日本ペイントマレッツが開幕戦を行う。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!