WEリーグに17団体が入会申請|2021年秋開幕、日本初の女子プロサッカーリーグ

2021年秋に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」
2021年秋に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」2021年秋に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」

日本サッカー協会(JFA)は8月1日、2021年秋の開幕を予定している女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」へ、17団体からの入会申請を受理したことを発表した。今後は各団体の審査を進め、10月上旬に初年度の参加クラブを決定する予定としている。

JFAは、2021年秋の開幕を予定している「WEリーグ」の入会申請を7月31日に締め切り、17団体の入会申請を受理したことを発表。17団体の内訳は、なでしこリーグから12。それ以外の5団体のうち、現在女子チームを持っていない団体が3つあったという。申請チーム名は、全チームが同意した時点で公表される。

「WEリーグ」初年度の参加クラブは6から10クラブとなる予定。参加クラブについてJFAは、リーグの理念である「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献すること」を実現するべく定められた基準をもとに選定し、10月中に決定するとしている。

入会申請を受けWEリーグの岡島喜久子チェアは、「日本が世界一の女子サッカー、世界一のリーグ価値を目指すなかで、17団体から申請をいただけたことを非常に嬉しく思います。この17という数は、日本女子サッカーのポテンシャルが高い証であると受け止めています。リーグの責任者として、申請に対して最大限の責任と使命感を持って向き合い、審査を進めてまいります」とコメントしている。

「WEリーグ(Women Empowerment League)」は日本女子サッカー初のプロリーグとして設立され、2021年秋に開幕する。「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」ことを理念に掲げている。同リーグはなでしこリーグの上位に位置し、日本女子サッカー最高峰のリーグとなる。初年度の参加クラブは6から10チームになる予定で、2020年10月に決定する。また、開幕後の複数年間はエキスパンション型(降格なし、昇格のみを実施しクラブ数を拡大)を取ることも発表されている。

日本女子プロサッカーリーグ概要

名称

  • WEリーグ[うぃーりーぐ](Women Empowerment League)

理念

  • 女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する。

ビジョン

  1. 世界一の女子サッカーを。
  2. 世界一アクティブな女性コミュニティへ。
  3. 世界一のリーグ価値を。

期間

  • 2021年秋開幕(シーズンは翌年5月ごろ終了)予定

チーム数

  • 6~10チーム(予定)※当面、降格は実施しない(昇格のみ)

フォーマット

  • ホーム&アウェイ方式による総当たりリーグ戦

今後のWEリーグスケジュール

  • 2020年7月31日:参入クラブ申込み締切
  • 2020年8~9月:申込クラブ審査
  • 2020年9月末~10月上旬:参入クラブ決定・発表
  • 2021年2~7月:プレシーズン大会開催(検討中)
  • 2021年9月~:2021/22シーズンWE LEAGUE 開幕

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!