Xゲーム・ミネアポリス大会決勝:BMXフリースタイル・パークの中村輪夢が史上最年少の銀メダル!

中村輪夢は、Xゲーム・ミネアポリス大会で銀メダルを獲得した(写真は2018年ヴァンズ・プロ・カップ)
中村輪夢は、Xゲーム・ミネアポリス大会で銀メダルを獲得した(写真は2018年ヴァンズ・プロ・カップ)中村輪夢は、Xゲーム・ミネアポリス大会で銀メダルを獲得した(写真は2018年ヴァンズ・プロ・カップ)

米国ミネソタ州ミネアポリスで、現地時間の8月3日にXゲーム・ミネアポリス大会の3日目が行われた。この日は、BMXフリースタイル・パーク準決勝と決勝が行われ、若干17歳でUCI世界ランク6位の中村輪夢(ウイングアーク1st)は銀メダルを獲得した。

17歳という年齢でのメダル獲得は、同大会のBMX競技で2番目の若さであり、フリースタイル・パークでは史上最年少となる。XゲームのBMX競技に日本人として初出場して、初の銀メダルを獲得するという記録づくめのタイトルとなった。

準決勝第2グループを首位で通過し、決勝では2位に。優勝は、UCI世界ランク11位、オーストラリアのローガン・マーティン。3位には同45位でアルゼンチンのホセ・トレスが続いた。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!