ニュース陸上競技

エリウド・キプチョゲの世界への贈り物、そして東京2020へ!

マラソン2時間切りは引退への最高の花道に見えるかもしれないが、東京2020でオリンピック連覇を目指すキプチョゲにそんな考えはない。ウィーンでの挑戦が、スポーツや全人類にとって持つ意味とは?本人やその妻グレース・スグト、そしてコーチのパトリック・サング、ペースメーカーのバーナード・ラガト、ケニアのウィリアム・ルト副大統領の話を聞こう。