ニュース陸上競技

キプチョゲ、ドーピングを「モラルに反する」と一蹴

マラソン王者エリウド・キプチョゲは、祖国ケニアで広がるドーピングを「大きな恥」と切り捨て、アスリートならスポーツが職業であることを自覚すべきと訴えた。ケニアの反ドーピングイベントに出席したキプチョゲは、マラソン史上初の2時間切りに続くプランも明かしている。