マクシモビッチ家に受け継がれるオリンピック射撃メダリストのDNA

セルビアはオリンピックの射撃で多くのメダリストを輩出してきた国として知られている。その名声に大きな役割を果たしているのがマクシモビッチ家だ。父ゴランは、1988年にユーゴスラビアの一員として金メダルを獲得。2012年には娘のイバナが銀メダルを手にした。