ニュース卓球

史上最年長の58歳でオリンピックに挑むニー・シャーリエンを紹介

また一つ大きな国際大会を控える卓球界のレジェンドは、Olympic Channelに「私の気持ちはとても若いから」と語った。ニーは1980年代にルクセンブルクへ移住する以前、中国代表として世界選手権に出場し、東京の地で2冠を達成。そして2021年、今度はルクセンブルクの一員として、自身5度目のオリンピックで再び日本の首都を訪れることになる。7月には58歳の誕生日を迎えるため、卓球選手としてはもちろん、全競技を通じてオリンピック史上最年長出場記録を塗り替える予定だ。マミー、シスター、先生、コーチなど、さまざまな愛称で呼ばれることを享受する大ベテランは、キャリアの次なる大きな節目で一番楽しみなことを教えてくれた。