ニュースバドミントン

桃田賢斗、「勝者と敗者を分けるメンタリティ」を語る

バドミントンの男子世界ランクNo.1プレーヤーが、初めてのオリンピックとなる東京2020に向けた準備で最も力を入れている部分を語った。地元日本の期待を背負うエースは、新型コロナウイルスの影響で多くの大会が延期や中止となった上、2020年初頭に巻き込まれた交通事故のリハビリで長らく実戦から遠ざかっていた間にも、練習で楽しみながら自身を駆り立てる方法を発見したという。さらに桃田は、2019年に世界タイトルを獲得した時でさえ、一度も自分のパフォーマンスに納得していないにもかかわらず、バドミントンへの意欲が衰えない理由を話してくれた。