オリジナルTake the Podium

クリスティーン・ジラールが歳月を経て念願の金メダルを手にするまで

北京2008で4位に終わったカナダのウエイトリフターは、その結果を悲嘆した。その悔しさをバネに挑んだロンドン2012で銅メダルを獲得。さらに、ドーピングサンプルの再分析と、それに伴う上位者の失格によって念願のオリンピック金メダルを手にすることができた。