Loading ...

独占:キカン・ランドール、がん克服後の新たな展望を語る

平昌2018クロスカントリースキーで金メダルを獲得したものの、昨年7月に乳がんと診断されたキカン・ランドール。しかし、アラスカ育ちのIOC委員はがんを克服し、11月のニューヨークシティマラソンに向けた練習もスタートさせた。早期復帰を可能にしたのは、活動的であり続けたこと、そしてポジティブな思考だったとランドールは考えている。