ニュースビーチバレー

リオ金メダリストのバルケンホルストが復帰しパリ2024目指す

ラウラ・ルートビヒと組んでリオ2016で金メダルを手にし、2017年にも世界選手権を制したドイツのキラ・バルケンホルストだったが、日常では苦しみの連続だった。手術を9回受け、2019年には「続けてもしかたない」と引退を決めた。しかし、しばらく競技から離れ、パートナーのマリアと共に三つ子の親となった今、ビーチバレーボールへの復帰を決断。2021年の東京大会には間に合わないが、パリ2014に照準を据えている。30歳のバルケンホルストが復帰を決めた理由、そしてキャリアと母としての仕事の間でうまくバランスをとっているケリー・ウォルシュ・ジェニングスへの敬愛ぶりを独占インタビューで知ろう。