男子4x10kmリレー | 長野1998 |冬季オリンピック至高の瞬間

冬季オリンピック至高の瞬間を振り返ろう。長野1998のクロスカントリースキー男子4x10kmリレーを見よう。ノルウェーのシュトゥレ・シバーツェン、アーリング・イェフネ。ビョルン・ダフリー、トーマス・アルスゴールドが金、イタリアのマルコ・アルバレッロ、フルビオ・バルブサ、ファビオ・メイ、シルビオ・ファウナーが銀、フィンランドのハリ・キルベスニーム、ミケ・ミルラ、サミ・レポ、ヤリ・イソメサが銅メダルを手にした。