イベントリュージュ

リュージュ男子1人乗り4本目 | 長野1998 | 冬季オリンピック至高の瞬間

冬季オリンピック至高の瞬間を振り返ろう。長野1998のリュージュ男子1人乗りは4本目を終え、ゲオルク・ハックル(ドイツ)が金、アルミン・ツェゲラー(イタリア)が銀、イェンス・ミューラー(ドイツ)が銅メダルを手にした。