イベントスキージャンプ

男子団体ラージヒル| ソルトレークシティ2002 |冬季オリンピック至高の瞬間

2002年に開催されたソルトレークシティ冬季オリンピック至高の瞬間を振り返ろう。男子団体ラージヒルはドイツがフィンランドとの接戦を制して優勝。スヴェン・ハンナバルト、シュテファン・ホッケ、ミヒャエル・ウアマン、マルティン・シュミットのドイツが金、マッチ・ハウタマキ、ベリ=マッチ・リンドストローム、リスト・ユシライネン、ヤンネ・アホネンのフィンランドが銀、ダミヤン・フラス、プリモジュ・ペテルカ、ロベルト・クラニエッツ、ペテル・ジョンタのスロベニアが銅メダルを獲得。