ネイサン・チェン、スケートアメリカ制し北京2022に照準

冬季オリンピックで銅メダルを獲得しているアメリカのネイサン・チェンが、いくつかの大会がロックダウンで延期となって長い空白の時間を送った後、コロナ禍によって課された規則の下での競技をどう感じたかについてコメント。パンデミックと北京2020での目標によってイエール大学を休学することを促されてた理由を明かした。そのほか、同じく2020スケートアメリカを制したマライア・ベルとの練習や、シーズン最初の大会で出たミスを今後の大会に向けて「絶対に修正していける」と考える理由を語ってくれた。