サーフィン

世界最高齢クラスのサーファー

84歳の佐野誠一がサーフィンを始めたのは、わずか4年前のことだった。