5回転ジャンプ:自然な進化?不要な挑戦?

羽生結弦が引退までに4回転アクセル(4回転半)を成功させたいと公言しているように、今やフィギュアスケートで4回転ジャンプは当たり前になりつつある。しかし、5回転ジャンプはどうだろうか?スイスにオリンピック銀メダルをもたらしたステファン・ランビエールは、5回転など「飛ぶ必要はない」と一蹴する。その理由に耳を傾けてみよう。