ウルタドがフィギュアスケートの美を語る:「別世界に入る気分」

オリンピック2大会に出場したサラ・ウルタドが、スペイン屈指のフィギュアスケーターとして競技愛を独占インタビューで語った。観客のつくる雰囲気、パートナーへ共感と信頼、大会出場時の感情について説明するとともに、北京2022が自身最後のオリンピックになるとOlympic Channelに明かしている。「限界まで挑戦したい」と話すウルタドのインタビューを見よう。