ニューストライアスロン

「高潔な行動」でウィル・スミスを泣かせたスペインのトライスリート

スペインのディエゴ・メントリダにとって、初の表彰台になるはずだった。しかし、サンタンデールでのトライアスロン大会でイギリスのジェームス・ティーグルが最終コーナーで間違った方向へ曲がるのを見ると、それにつけ入ろうとせず、ゴールラインの前で止まった。「どうしたらいいかよくわからなかったけど、本能的にそう反応した」。ティーグルに3位の座を譲った決断について、ディエゴはOlympic Channelにこう語った。この行動はネットで拡散され、これを見たハリウッド俳優のウィル・スミスは泣いたという。その反応にディエゴがどう反応したか、そして、同じく重要なレース「ランニング・フォー・ウエスト」に出場し、稀少な症候群を持つ人々を支援する理由を知ろう。