ショートトラック界の“笑顔の殺し屋”

世界で最も笑顔が似合うアスリートを侮るなかれ。17歳のマーミ・バイニーが、その裏の顔を平昌で明かす。