ニュースサーフィン

学業とサーフィンを両立する方法 - キャロライン・マークスが独白

東京2020出場を狙う若きアメリカ人サーファーが、このスポーツを始めたきっかけや、15歳で出場したWSLチャンピオンシップツアーと学業の両立の難しさ、そして今後もずっとサーフィンを続けたいと実感した瞬間などを語ってくれた。