ウサイン・ボルトのあとを追う16歳のジャマイカ人スプリンター

ジョアン・リードが初めて金メダルを手にしたのは小学生の時。現在は200mと400mで世界屈指のスプリンターとして活躍している。