ニュースバドミントン

この男子トップ選手がコーチをつけず、ベリーダンスを習う理由

バドミントン男子世界ランキング2位につけるチャイニーズ・タイペイのチョウ・ティエンチェンは、2021年に延期された東京2020でのメダル獲得を目指している。2年以上も前から専属コーチをつけず、練習の一環としてベリーダンスとピラティスを習うなど、彼が独自の方法でトレーニングを続けている理由を探ろう。