ニュース体操競技

体操男子アメリカ代表チーム、「休み」を再考し東京へ挑む

体操男子アメリカ代表チームのブレット・マクルーア強化担当は、東京2020オリンピックでメダルを獲得するという明確な目標を持っている。アテネ2004の銀メダリストは、それを達成することは決して簡単ではないとし、コロナ禍に伴うロックダウンで「コンスタントな練習」ができなかったことで、アメリカはライバルと比べて大きな影響を受けたのではないかとOlympic Channelに語った。オリンピック2大会に出場し世界選手権で2つのメダルを手にしたサム・ミクラク、そして若手のポール・ジュダとシェーン・ウィスクスらを東京2020に向けて指導する上で何にこだわっているかを知ろう。