ニュース水球

リマで男女同時優勝を狙うアメリカ

近年のパンアメリカン競技大会で圧倒的な強さを発揮している水球アメリカ代表だが、リマ2019の直前に行われたFINA世界選手権では男女で明暗が別れ、女子が世界3連覇を達成する一方、男子は9位に終わった。しかも不運なことに、女子の優勝を祝っていた光州のナイトクラブで建物が崩落。犠牲者も出たこの事故で、ペイジ・ハウスチャイルドとベン・ハロックが負傷してしまった。その結果、ハウスチャイルドはパンアメリカン競技大会の欠場を余儀なくされたが、優勝候補筆頭格という世界王者の立場は変わらない。いまだに東京2020への出場権を確保できていない男子も、リマで大会7連覇を成し遂げれば日本行きが確定。オリンピックにおける欧州勢の覇権にピリオドを打つチャンスが手に入る。